エントリー

先輩社員紹介

日泉化学-先輩社員紹介

清水 康太

開発本部

2013年入社

現在携わっている仕事の内容は?

新たな処方での樹脂の成形、加工

現在、私は新たな添加剤を混ぜた、樹脂の成形・加工を主に行っています。新たな方向性を見出すために試作を繰り返し行っていますが、まだまだ手探りな状態で、思うように進まないことも多いです。

この開発業務は、樹脂の知識や成形機をはじめとする設備の取り扱いなしには進められません。知識・経験不足を感じることばかりですが、粘り強く着実に学ぼうと意識することを大切にしています。そのため、目の前の事象を一つの視点ではなく、広い視野で観察し、頭を働かせながら、知識を結びつけていくことを積み重ねています。

開発はものづくりの基礎となります。今後順調に進むかどうかはもちろん未知数ですが、自分の力でかたちになるよう、結果を残していきたいです。

この仕事が好きなところは?

成形に関する知識を実感できたこと

日泉化学-先輩社員紹介

今所属している開発の部署や、以前に所属していた成形現場では、成形機を操作し、実際に試作品や製品としてかたちにすることができます。しかし、私自身、まだまだ知識が不十分で、成形条件の調整には至っておらず、ほぼ従来の条件下のまま、指示のもと操作手順を覚えているという段階です。それでも、不良が発生した際、時間や原料のロスはあったものの、過去にいただいた助言等を参考に、試行錯誤しながらもひとりで不良を解消できたときには、わずかながら成長を実感しました。

どのようなかたちであれ、自分の操作で成形品となって手にすることができるのは、ものづくりをしていると感じます。よりよいものを作るために、今後も知識と経験を積み重ねていきたいと思っています。

日泉化学に入社を決めた理由は?

愛媛を拠点とし、大学での知識を生かせる企業

私は愛媛で育ち、大学もそのまま愛媛だったこともあり、地元愛媛に拠点をもつ企業を頭に置いて、就職活動をしていました。日泉化学はまさに愛媛に根付き、他県のみならず、海外にも拠点を広げていることから、自分の視野を広げるのにも適した企業だと思い、この会社を選びました。

実際に入社してみると、やはり愛媛出身の方は多く、会社、そして社員の方々が地元への思いを大切にしていると感じています。また、私の大学での専攻が高分子化学だったこともあり、少しでも日泉化学のものづくりを支えられるのではないかと感じたことも決め手の一つとなりました。

学生のみなさんへメッセージ

周りの信頼できる人の助言も大切に

就職活動は、自分自身を見つめ直すよいきっかけになると思います。そのためには、あまり分野をこだわり過ぎず、広い視野をもって様々な企業の情報を集め、自分の考えの軸を作っていくことが必要です。もし、自分一人だけでなかなか答えが出せないのであれば、周りにいる信頼できる人の助言も大切にしてください。

それまでの知識や経験を踏まえ、何をしたいのか、どうなりたいのか、自問自答を繰り返すことで、きっと最後には求める企業との出会いがあるはずです。