エントリー

先輩社員紹介

日泉化学-先輩社員紹介

渡邊 嵩晃

設計センター

2015年入社

現在携わっている仕事の内容は?

自動車の内装樹脂部品のレイアウト

当社は主に樹脂製品を取り扱っており、その中で私は自動車の内装樹脂部品の設計を行っています。入社1年目で日も浅いので、現在は一人前になるために日々演習に取り組んでいます。

その中で私が心がけていることは、過去に先輩方が設計した製品の実物を見ることです。技量がない分、パソコン上や頭の中だけでイメージするのではなく、実際の製品を見て、手にとって触ったりするようにしています。現物をみることで頭の中でイメージしていること以上にさまざまな発見がありとても勉強になります。

設計というとパソコンの前で黙々と作業をしているイメージですが、実際は明るい雰囲気で、お客様と製品の打ち合わせをすることが多く、人と関わる機会が多い仕事でもあります。

この仕事が好きなところは?

新しいモノを作り出すことに携われる

日泉化学-先輩社員紹介

設計とは、ゼロからものを作るうえでさまざまな条件を加味し、満たしながら設計していくことが難しいことであると思います。しかし、新しいモノを生み出すようなモノづくりに携われるということが私にとって一番楽しいことだと思います。

お客様の多方面からの要求があり、それをすべて満たさなければならないので、ものすごく頭を使う仕事で大変である反面、やっとの思いでモノができたときの達成感は、とても感慨深く次へのやる気と自信につながると思います。そんなモノづくりの楽しさを実感することができるよう、今は一生懸命勉強しています。

日泉化学に入社を決めた理由は?

決して目立ちはしないが、なくてはならないものを作っているから

就職活動で会社の説明会に参加したとき、見慣れた車の内装部品がこの会社で作られていることを知りました。学生時代は化学を専攻しており、当時は目に見えないほどの小さいもの扱っており、車の部品などの目に見えるモノを作っているところに興味がわいたからです。

さらに、たくさん売れている人気の車種の内装部品であっても、どの会社が作っているのか分からないが、なくてはならないもの、そんな身近なモノ・みんなを陰ながら支えているモノを作っている会社で私もモノづくりをしたいと思い、入社を決めました。また、福利厚生も整っており、仕事に打ち込むにはいい環境であると思ったからです。

学生のみなさんへメッセージ

広い視野をもって行動を

まずは職種や業種を一つに絞らず広い目で見て、さまざまな職種や業種に触れてから絞ったほうがいいと思います。知らなかった業種に触れることで新しい発見があるかもしれません。広い視野をもって行動することで、本当に行きたい企業が見つかると思います。時間もお金もかかりますが、慎重になりすぎず後悔のないように就職活動を進めてください。頑張ってください!